重要な職場への在籍確認について

在籍確認を行うと職場に自分が融資を受けたことが、ばれるのではないか

職場,在籍確認
キャッシングを受ける機会は多くあります。

 

日常的に必要な生活費が一時的に足りなくなってしまったり、新しい事業を始めたりするときにキャッシングを受けることは必要になります。

 

そういったキャッシングは昨今の貸金業法の改正や利息制限法の改正により貸金業者は経営が難しくなりました。

 

この改正は収入が少ない人や無職の方に消費者金融が融資を行うことによって債務者の生活が困窮してしまうことを避けることを目的として、そういった方に対して課すときに制限を設けたのです。

 

そのためこういった業者は経営が難しくなっています。

 

 

そうはいっても貸金業者が返済を受けることによって儲けを得ていますので、返済能力や人的信用情報を全く審査せずに融資を行うことはありません。

 

そのためキャッシングを受けようという方は審査に通る必要があります。

 

この審査基準は業者によってさまざまですが、多くの業者に共通する審査基準は年収、雇用先、勤続年数、他社からの借り入れの程度を判断して返済能力の有無を判断します。

 

また金融業者は申し込みや審査の際に借主から得た情報が確かなものかどうかを調査するために自宅や職場に電話するという手続きを行います。

 

これを在籍確認といいます。

 

在籍確認を行うと職場に自分が融資を受けたことが、ばれるのではないかという不安がありますが、業者は自分が業者であることを明かさずに電話をかけますので、職場に自分が融資を受けたことが露見することはないように思えます。

 

しかし、個人名で業者を明かさない電話というのは怪しく感じるのが普通ですので、融資を受けているということを怪しまれてしまう可能性があります。

 

そうならないためにはキャッシング業者に仕事場に電話をする場合には自分の家族を装って電話をかけてくれたら嬉しいですよね。

 

身内の合意があって家族をよそおうのですから何ら違法なことはありません。

 

そんことはできるかどうかわかりませんが。

 

家族の名前をかたらせるのできないにしても、、在籍確認をしないという手続きを行うことができる業者もあります。

 

こういう業者は在籍確認をしない代わりに収入証明書や労働関係の契約書を示すことによって在籍確認の代わりにできるとしている業者もあります。

 

仕事場で働いているのが本当かどうかを確かめるには、このような文書で十分であることを業者に説明すれば、業者も答えてくれるでしょう。

 

ほとんどの消費者金融は、公式サイトからにフリーダイヤルが記載されていますので、上記のことを望んでる場合は、相談してみてはいかがでしょうか。

 

参考:みずほ銀行カードローン増枠ならこちらから(トップページへ)