キャッシングの勤続年数

勤続年数について読んでおきたい大切なポイント

キャッシング,勤続年数
キャッシングの審査基準では、勤続年数などについても意識したほうがよいです。

 

なぜなら、キャッシング審査の中で重視されていることは、収入の高さや勤務先が有名であるかどうかではなく、どれだけ同じ会社に勤務していた実績があるかについても見られるからです。

 

安定した収入があるかどうかです。

 

キャッシング会社が調べているのは信用度です。

 

利用者の信用度を判断するときには、勤務の状況についても参考にされます。

 

安定した収入があるということは、仕事を続けているということであり、勤続年数が長いということは、長期間安定した収入があったという実績になります。

 

審査基準は様々な角度から判断されますので、自分が意識しているところ以外の部分もチェックされることは多いです。

 

年収が高ければ信用度が高い、とは、単純に言えない部分があります。

 

過去の利用履歴なども審査にとっては大切な基準です。

 

しかし、貸付の条件には安定した収入がある方という条件を満たす必要があります。

 

勤続の年数に関しては、契約社員や正社員という立場よりも優先して考慮される可能性は高いです。

 

継続しているかどうかは重要なポイントです。

 

個人事業主の方についても継続している年数を見て判断されることが多いです。

 

キャッシング会社が見ているところを意識しないと、審査に落ちてしまうことも考えられます。

 

審査に落ち続けると申し込みブラックになってしまい、後から条件を満たしても審査に通りにくくなってしまいます。

 

せっかく基準を満たしているのに審査に通らなくなってしまうのでは大変です。

 

また、会社に勤務をし始めても、6ヶ月以上の実績がないとキャッシング会社の審査に通らないことが考えられます。

 

通っても貸付額が低いなど最低ラインの条件になってしまうことが考えられます。

 

確実に基準を満たすためには、会社員であれば一年以上、自営業であれば三年以上を目安にするとよいです。

 

収入や個人情報だけでなく、住居についてもチェックされてます。

 

勤続年数が少なくても、他の審査基準でよい判定がされる状況にあるのなら、審査をクリアすることも考えられます。
審査基準はトータルで考えるとよいです。

 

焦って複数のキャッシング会社に申し込みをすると、かえってブラック扱いになり審査が通らなくなる可能性もありますので複数登録は止めましょう。

 

自分で困った事態を招いてしまわないように注意しましょう。

 

参考:みずほ銀行カードローン増枠ならこちらから(トップページへ)