確かめる仮審査と本審査とは

キャッシングでも銀行と消費者金融の違いで「仮」の扱い方が違う時があります

審査基準,仮審査,本審査
銀行のカードローンといったキャッシング商品の申し込みにみられる「仮審査」は、実際は本審査と変わりません。

 

仮審査申し込みには、個人を特定できる情報を記入します。

 

申し込み同意確認書には、個人情報の取扱に関する項目と指定信用情報機関の利用と登録に関する項目への同意も求めてあることでしょう。

 

この申し込みを受け付けた時点で信用情報機関を使って「登録内容を確認することを行うのですから、「仮」とは言え個人の信用状況や返済能力を判断する審査は行われるということです。

 

当然「申し込み1回」とカウントされます。

 

消費者金融の仮審査を言われるものの中には、氏名や住所、勤務先など、個人を特定する情報を書きこまなくて良いものがあります。

 

匿名審査と呼ばれるものです。

 

これは本当に「仮」のものですので、その消費者金融のおおよその審査基準を知るのには最適です。

 

たとえば債務事故といった信用情報に明らかなビハインドがなく、年収や居住期間、勤務期間が少ないことがウイークポイントだと心配になっているのであれば、この仮の申し込みというのは有効です。

 

ここで「キャッシングは難しい」という回答でなければ、おおよその審査基準は満たしている可能性が高いということになります。

 

本格的にキャッシングを申し込んでみる価値はあります。

 

この時点では個人を特定する情報がないのですから、信用情報機関を利用することも消費者金融は行っていません。

 

当然「申し込みカウント」もありません。

 

匿名性の高い「一括申し込み」などを利用すると、自分の属性でも利用出来る審査基準を持っている消費者金融がどこか、一番与信がよくなりそうな会社はどこだろうかといったことを比較する参考にはなります。

 

「仮」ではない本格的な「申し込み」によって、消費者金融は初めて信用情報機関の登録事項の照会を行います。

 

それによっても問題がなければ、詳細を電話などによって確認し、証明書類の提出によって告知との相違点がないかを確認します。

 

それでも問題がないようであれば、キャッシング枠が付与されて、融資実行となるのです。

 

このようにキャッシングでも銀行と消費者金融の違いで「仮」の扱い方が違う時があります。

 

軽い気持ちで仮の申し込みを行い、申し込みブラックにでもなれば目も当てられません。

 

「この申し込みが申し込みとしてカウントされるか否か」は申し込み同意書の中身を確認することで知ることができますので、慎重に行いましょう。

 

詳細は必ず公式サイトでしましょう。

 

参考:みずほ銀行カードローン増枠ならこちらから(トップページへ)